アニメ

【偏見】ランブルボールに最も近い食感のお菓子フリスク ネオ(FRISK NEO)

チョッパー ランブルボール

みなさん、ランブルボールってご存知ですか?

ワンピース好きの方なら、当然のように知っていると思います。

はい、そうです。

チョッパーが食べると超強くなるやつです。

実はわたくし、この現実世界において

ランブルボールを見つけてしまいました。

いや、失敬。

ランブルボールに最も近い食感のお菓子を見つけました。

苦節20年、もう無理だろうとあきらめようとしていたその時、ようやく出会えた…。

その商品がこちらです。

フリスク ネオ(FRISK NEO)

f:id:uzurar:20180505153549j:plain

Amazon商品ページより

FRISK(フリスク)とは?

FRISK (フリスク) はオランダのペルフェティ・ファン・メレ社が世界展開するミント風味のシュガーレス清涼菓子ブランド。1986年ベルギーの薬局で錠菓として販売されたのが最初である。日本ではクラシエフーズ株式会社(旧・カネボウフーズ株式会社)が1994年から本格的に輸入販売を開始、その後、世界的に、特に日本で人気が急拡大した。

FRISK – Wikipedia

なぜ、フリスク ネオ(FRISK NEO)が最もランブルボールに近いのか?

理由1.大きさがちょうどいい

まずこのフリスクネオなんですけど、大きさがねちょうどいいんですよ!

小さすぎると見栄えしないし、大きすぎると食べるのに時間がかかるという点においてこのフリスクネオの大きさはね、もうほんとちょうどいいの一言に尽きる!

もしこれがミンティアとかになってくるとねちょっと小さすぎると思うんですよ。

逆にビー玉くらいの大きさのアメとかになると食べるのに時間がかかるんで戦闘向きじゃない。

敵はすぐ目の前にいるので、すぐ食べてすぐパワーアップして倒さないといけないじゃないですか。セーラームーンだったら変身の時間とかいっぱい使っても敵は攻撃してこないんですけど、ワンピースはそのあたりちょっとシビアなんで、結局フリスクネオくらいの大きさがちょうどいいですね。

理由2.「ガリッ‼‼」の音が250%シンクロしている

f:id:uzurar:20180505155940j:plain

僕が一番を押したいのはこの食感なんです!

食感って表現したんですけど、噛んだ時の音が最高なんですよ!!!!

「ガリッ!!!!」

チョッパーがランブルボール噛んだ時の音とフリスクネオを噛んだ時の音が全く同じ「ガリッ!!!!」なんですよ。

いやまあね、自分ランブルボール食べたことないんで、「なんでもわかるの?」みたいな話になってくると困るんですけど、ね。そこはね、ね。漫画読んでるとなんとなく分かりません?

漫画の効果音とかって自分でイメージするものあると思うんですよ。なので、そこは自分で勝手に補正かけました。

なので、初めてフリスクネオ食べたときに

はッ!!これは…、ランブルボール…!

ってなりましたね。

250%くらい「ガリッ!!‼」の音がシンクロしてました。

理由3.缶に当る音が錠剤っぽい

これに関しては結構無理やり感と言うか後付けになるんですけど

フリスクネオって缶に入ってるんですよ。なので、取り出すときに「カランッ」って音がします。

ここで僕の厨二スイッチが完全にONになるわけです。

だって「カランッ」ってなるお菓子めっちゃカッコよくないですか??

もう錠剤確定ですよね??錠剤ってことはランブルボールですよね?

ランブルボールってもともとチョッパーが作った薬なので、この缶に当る音が錠剤仕様っていうのは評価すべきですよ!ええ!!

別の使い方として、こんなのもあります。

ドッジボールで内野にいる自分が最後になってしまったとき

おもむろに胸ポケットからフリスクネオを取り出し、乱暴な手つきで20錠くらい一気に飲み込んでください。1回膝から崩れ落ちるんですけど、そのあと音もなく立ち上がり、一言こう言うんです。

「ごめん、手加減できないかも…」

もうそしたらすごい空気になるのでこっちのもんですよ。

やっちゃってください☆

※プラシーボ効果っていうのあるので、そのあと自分のポテンシャルを超えたパフォーマンスが出来るかどうかはあなたにかかっています。ご武運を。

※プラシーボ効果:思い込みによって良い感じになること

フリスクネオがランブルボールに近い理由まとめ

  • 大きさがちょうどいい
  • 「ガリッ!!!!」の音が250%シンクロしている
  • 缶に当る音が錠剤っぽい

以上の3つの理由で、僕はフリスクネオがランブルボールに最も近いお菓子であると判断しました!

ランブルボールになり損ねたお菓子たち

ラムネ

ラムネのどこがいけないかって言うと、一番大事な「ガリッ!!!!」の部分が抜けてるんですよね~。見た目とか大きさはかなりランブルボールに近いんですけど、「ガリッ!!!!」じゃなくて「コリッ!!!!」みたいな音なのでダメですね。

ランブルボールのアイデンティティともいえる「ガリッ!!!!」をおろそかにしてちゃだめですよ。

カイジでいう「ざわざわ…ざわざわ…」が「さわさわ…そよそよ…」になっちゃったみたいなことですからね。緊張感もへったくれもないですよ。

 チョコボール

チョコボールなんですけど、このチョコボールが何でランブルボールになれないかっていうと、やっぱり「ガリッ!!!!」の部分ですね。

ラムネと同じように大きさとか完璧なんですけど

やっぱり一番大事な効果音の部分を再現できてないのでチョコボールはランブルボールにはなれません。

名前が近いのでほんと惜しいんですよ。

チョコボールの表面が硬くコーティングされていて、かつ噛んだ時に「ガリッ!!!!」が生まれれば完璧なんですけどね~。

早くランブルチョコボール開発してください。バカ売れ間違いなしですよ。(適当)

ジューCカラーボール

ジューCカラーボールは、ランブルボールになり損ねたお菓子の中では一番ランブルボールに近いお菓子になります。

食べた時にガリってなるんですよ。

ただ、問題点として

  • 小さい
  • 可愛い

まず、小さいですね。これは完全に欠点です。

f:id:uzurar:20180505194949j:plain

実物たぶんかなり大きいんですよ。見た感じだと。

なので、ジューCカラーボールくらいになっちゃうと

「ランブルボール」

って相手に見せたときに

「ん?え?何?よく見えない」

となりかねませんので、非常に危険です。

あとは、お菓子のケースが可愛い。ケースが可愛いと、戦闘の緊張感がなくなってしまうのでマイナスポイントですね。ええ、はい。

もう自分でも何を語っているのかよく分からなくなってきた。

 まとめ

結論は、フリスクネオ最強ってことです。

勢いに任せて1時間くらいでバァーーーっと書きなぐってしまったが、僕のランブルボールとフリスクネオに対する情熱は伝わったであろうか??

フリスクネオちょっと高いけど、マジでうまいっすよ。

終わり