アウトドアグッズ

【GoPRoレンタル】Rentryで実際に借りてみたのでレビュー×水中撮影

Rentry GoPRoHEROBlack レンタル

今回は、高額カメラや生活家電などのレンタルサービスを行うRentry(レントリー)でGoPRoをレンタルしてみました。

結論から言うと、RentryはGoPRo初心者に優しく安心できる業者でした

ガリオ
ガリオ
送料無料で、返却の手順も非常に分かりやすかったのでGoPRoを初めてレンタルする方におすすめです
あわせて読みたい
GoPRo レンタル おすすめ 格安 当日 業者 サービス 人気
GoProを格安でレンタルできるおすすめ業者9社の徹底比較家族旅行や海外旅行、新婚旅行など、一生の思い出を残したい時には、綺麗な写真や映像を残せるGoPro(ゴープロ)がおすすめです。 完...

Rentryは安心+旅行先で使う時におすすめ

Rentryはサービスも充実していて、僕がミスをしたときの対応も丁寧だったので初心者の方でも安心してご利用できます。

詳細は後述しますが、「GoPRoをレンタルしたいけどよく分からない」という初心者の方は、保証やサービスが充実しているRentryでレンタルしてみるのがおすすめです。

僕はGoPRoを使うのもレンタルするのも初めてだったので不安でしたが、同封されている説明書や返却の手順が分かりやすかったので、失敗することなく楽しめました。

こちらも詳細は後述しますが、年に数回しか使わない場合、例えば家族旅行や海外旅行、などのシチュエーションにおいては非常におすすめです。

一言でいえば、コストパフォーマンスに優れています。特別な日にだけ数日間レンタルするというのがGoPRoレンタルの賢い活用方法であると言えるでしょう。

レンタル商品はしっかり梱包されて届く

RentryでGoPRoをレンタルすると、保護ケースと緩衝材でしっかり守られて届きます。

こういった細かい部分も丁寧なので、「届いたらレンズが割れていた」なんていう失敗も起こりえないので安心です。

この段ボールは返却時にも再利用するので、出来るだけキレイに開封されることをおすすめします。

返却日と手順が分かりやすく簡単

レンタル商品が入っていた段ボールの左側に「返却日」が記されているので、非常に分かりやすいです。

スマホ画面にある情報だと忘れてしまいそうですが、返却時にも使用する段ボールにメモがあると目につきやすいので、忘れっぽい方にもおすすめです。

段ボールの右側には「返却の手順」が記載されています。

Rentryでの返却の手順はシンプルなので、カメラのレンタルサービスを始めて利用される方でも安心です。

【返却方法】返送用伝票を貼って返送するだけ

段ボールの中には、返送用伝票(通称:送り状)が同封されています。

カメラを返却する際には、届いた際の段ボールに送り状を貼ってコンビニへ持っていけば手続きは完了です。

返却する際には、手数料などは一切かかりませんのでただ持っていくだけでOK

レンタルしたのは「GoPRo HERO7 Black 初心者セット」

今回自分がレンタルしたのは、GoPRoの最新モデルである「GoPRo HERO7 Black」の初心者パックです。

レンタル期間 3泊4日
レンタル価格 12,800円(税込み)
SDカード 32GBが無料で付いている
バッテリー 2個付属
その他アクセサリー 3way自撮り棒、防水ハウジング、USB-Cケーブル、GoPRo専用ケース、マウント用バックル

GoPRo HERO7を楽しむために必要な人気のアクセサリーが全て詰まったRentry一番人気のセットがこちらになります。

GoPRo HERO7 Blackの本体価格は、53,460円です。SDカードやバッテリー、その他のアクセサリー全てを揃えるとなると、約85,000円以上の価格になるため、これだけのアクセサリーが付いていて12,800円はかなりお得な価格設定になっています。

※各アクセサリーにおける価格の計算は、GoPRoの公式サイトから算出しました。

【ポイント➀】SDカード(32GB)が最初から付いている

他のレンタルカメラサービスでは、「SDカードは別途必要(レンタルまたは購入)」といったように、追加料金が必要になるケースがあります。

その点Rentryでは、無料でSDカード(32GB)が付属しているのでおすすめです。

32GBあれば、12000枚の写真(1200万画素)を保存でき、4K動画を1時間以上も録画できるので安心の容量です。

【ポイント➁】レンタルしたらすぐ届く

Rentry公式サイトによると、GoPRo HERO7 Black 初心者セットは、夕方16時までに注文すれば当日出荷ができると記載されています。(急ぎの場合は直接問い合わせるのが良い)

旅行の2日前になって突然必要になったりした場合には助かるので、Rentryを選ぶ理由の一つになります。

【ポイント➂】こちらの不手際も丁寧に対応

GoPRoを返却する際に、僕が間違えてUSB-Cケーブルを同封するのを忘れていたんですよね。Rentryから連絡が来て気づいたのですが、慌てて郵送で送り返すことにしました。

ここでも「切手代不足」などで手間取ってしまい返却に何日もかかってしまったのですが、Rentry側は追加で料金を請求することも怒ることもなく丁寧に対応してくださいました。

「期日通りに返せなくても大丈夫」と言っている訳ではありません。ただ、丁寧な対応には好感が持てました。

広角レンズで臨場感あふれる写真が撮れる

ここでは、RentryでレンタルしたGoPRo HERO7 Blackを使って撮影した写真をご紹介します。

GoPRoの特徴の1つである「広角レンズ」では臨場感あふれる風景が撮れるので、カメラ初心者の方でも素敵な写真を残せるというのがおすすめポイントです!

ローアングルで撮影したトンネルの入り口
ローアングルで撮影した晴れた日の巨木
快晴の多摩川河川敷
植林された針葉樹の中で撮影した一枚
GoPRoを水面に近づけて撮った一枚
激しく燃える焚火を捉えた一枚
太陽と空を分断した迫力のある橋の写真
針葉樹林の中で真上に向かってGoPRoのシャッターを切った時に撮れた一枚

 

どれもGoPRo初心者である僕が撮影した写真の数々でした。特に難しい加工などは一切行っておりません。

「いいな」と思った景色を撮影してみるだけで素敵な写真が撮れてしまうのがGoPRoの良いところです。

ハウジングを付けて実際に水中映像を撮影してみた

そもそもGoPRoは完全防水なので、素のままでも水深10mまで耐える作りになっていますが、初心者セットに付いている「防水ハウジング」を装着することで、水深60mまでOKな耐久性になります。

多摩川の濁った水でも明るく撮れる

これは渓流へ行ったときに撮影した水中映像です。透き通る川の水を実に綺麗に撮影できていることが分かります。

Twitterにあげると画質が落ちるため、本当はこの動画よりもずっと解像度が高いです。

RentryにおけるGoPRoレンタルの注意点

RentryでGoPRoをレンタルする前に知っておきたい注意点についてまとめました。

レンタルしてから手遅れにならないためにも、この部分はしっかり読まれることをおすすめします。

【注意点➀】細かい操作が難しい

ハッキリいって、GoPRoの細かい操作は難しいです。

「電源を入れる」「写真を撮る」「動画を撮る」「スマホに写真を移す」等の基本操作は全く難しくないのですが、

  • 画質の変更
  • 撮影モードの変更
  • ボタンの種類

などの操作はすぐには覚えられません。(僕はよく分からなかったので使っていない機能が沢山あります)

本番のいざという時に失敗したくない方やGoPRoの能力を100%使いこなしたい方は、1日前もってカメラをレンタルして操作練習をしたほうが安心です。

【注意点➁】レンタルがコスパ悪いこともある

GoPRo HERO7 Black 初心者セットのアイテムを全て購入することを考えると、約85,000円になります。

今後、数年間でGoPRoを7回以上使う予定があるのならばレンタルをすると確実に損をします。

12,800円×7回=89,600円

「1年に2回くらいしか使わないかもしれない」というのであれば、レンタルするたびにその時の最新モデルを使えるので、レンタルの方がおすすめです。

ですが、「1年に3回以上は使うよ」という方であれば、新品を購入して2年間で7回以上使った方がコスパが高いです。

2年なら最新モデルが出ても1つ程度であると考えられるので、最新モデルを使いたい欲望を少し我慢をすればお得な計算になります。

GoPRoレンタルに興味がある場合は、GoPRoのある未来をしっかり考えて計画的に行動しましょう。じゃないと後悔するので。

【注意点➂】自分の過失でカメラを壊したら請求が来る

別のサイトで、「壊しても保証があるから安心」みたいなことが書かれていましたが、自分の過失でカメラを故障させてしまった場合は、別途金額を請求されるのでご注意ください。

「過失」というのは、例えば

  • 誤って落として画面を割っちゃった
  • 間違えて水没させてしまった

みたいなことを指します。それが盗難や紛失であっても同じです。これはRentryの公式サイトにもちゃんと記載されています。

Rentry公式サイト故障・紛失・修理について

通常利用範囲内における故障・破損は問題ない

Rentryの公式サイトでは、「利用方法に過失のない中での故障・破損については一切の費用請求はいたしません。」と記載されています。

  • 突然動かなくなった

等の故障についてはこちらに一切の責任はありません。

また、「お支払い済みのレンタル料金を全額返金させていただきます。ご希望であれば、代替商品をお送りさせていただきます。

という文言も記載されているので、突然壊れた場合の保証はしっかりしています。

Rentry公式サイト:故障・紛失・修理について

迷ったら初心者セットがおすすめ

Rentryでは、古いモデルのGoPRo単体から最新モデルの欲張りセット(今回の初心者セット)まで幅広く商品を取り揃えてあります。

「GoPRoは初めてだからなにを選べばいいのか分からない…。」という方であれば、「初心者セット」を選んでおけばまず失敗はありません。

初心者セットに付属している人気アクセサリーがあれば、家族旅行や海外旅行、ディズニーランド、イベントなどのシチュエーションから、登山やフィールドワークなどのアウトドアなシチュエーションまですべて対応することができます!

そのため、もしも迷ったら「GoPRo HERO7 Black 初心者セット」をレンタルするのがおすすめです。

この他にも、

  • 水中撮影セット
  • 星空撮影セット
  • スタビライザーセット
  • スキー・スノーボードセット
  • 自転車・バイクセット

などの多くのコースがあるため、ご自分に最適なコースを探してみてはいかがでしょうか?

Rentryでおすすめしたい防水カメラ

個人的にものすごくおすすめしたい防水カメラがあります。

それはOLYMPUS(オリンパス)が販売している圧倒的タフネスなアウトドアカメラ「TG-5 Tough」です。

Rentryでも格安でレンタルできます。防水カメラを探している方がいたらぜひ選択肢の一つに入れてみてください。

ガリオ
ガリオ
詳細はレビュー記事で解説しているのですが、控えめに言って最高です
あわせて読みたい
オリンパス Tough TG-5 レビュー 作例
【レビュー】オリンパス Tough TG-5を使いこなしてみた×作例 この記事では、Olympus(オリンパス)の防水・アウトドアカメラTough TG-5を購入した理由や商品スペック、実際に使って...

Rentry(レントリー)でレンタルする流れ

Rentry公式サイトより引用

Rentryでレンタルするときの流れはいたって簡単です。

Rentry公式サイトで商品を注文したら、翌日か数日後ヤマト郵便で段ボールが届きます。

利用し終わったら、カメラやアクセサリーを段ボールに入れ、同封されていた送り状を貼ってコンビニへもっていけばOKです。コンビニでの手数料は一切かかりません。

ヤマトに集荷を頼むこともできます。

まとめ

今回は、Rentryで実際にGoPRoをレンタルしてみたのでレビュー記事にしました。

もしも、この記事を読んでいるあなたが「旅行先でGoPRo使いたいけど高すぎる」「GoPRoに興味があるけどいきなり買って失敗したくない」という方であれば、Rentryで試しにレンタルしてみてはいかがでしょうか?

おわり

ガリオ
ガリオ
そんじゃさいなら!
あわせて読みたい
GoPRo レンタル おすすめ 格安 当日 業者 サービス 人気
GoProを格安でレンタルできるおすすめ業者9社の徹底比較家族旅行や海外旅行、新婚旅行など、一生の思い出を残したい時には、綺麗な写真や映像を残せるGoPro(ゴープロ)がおすすめです。 完...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です