ライフハック

生物分類技能検定3級を合格するためにやった3つのこと。勉強法など

生物分類技能検定 3級

こんにちは、ガリオ(@gario01)です。

今回は、生物分類技能検定3級の勉強法についてご紹介します。

ちなみに、この勉強法は時間をかけてゆっくりじっくり行う勉強法です。

注意!!

受かったからってエラそうに勉強法などを公開しておりますが、あくまで僕個人が行って受かった。だけの話なので、これをやれば絶対に受かる!という訳ではありません。つまり、再現性は100%ではない。ということです。ですが、参考程度にはなるかと思いますので少しでも、この記事を読んでくれている方のお役に立てたら嬉しいです。また、この勉強法はゆっくりじっくりタイプの勉強法なので、その点ご留意ください。

実際に私は、6か月かけてゆっくり進めました。                                試験まで時間がない人にはおススメ出来ないよ!

そもそも生物分類技能検定とは?

生物分類技能検定は、生物に関心をもつ方々を対象に、分類の知識向上を目的とし、野生生物や自然環境の調査・保全を担う人材を育てるとともに、動物分類学や植物分類学の発展に寄与しようとするものです。さらに、野生生物調査に関わる生物技術者の育成と、自然環境調査の精度向上への貢献をめざします。

生物分類技能検定1級、2級の登録者は、環境省の「一般競争(指名競争)参加資格申請」の有資格者として認められています。そのほか林野庁や地方自治体などの自然環境に関わる調査・保全業務等の入札資格としても取り入れられています。

「生物分類技能検定」は、一般財団法人自然環境研究センターの登録商標です。

生物分類技能検定 | 自然環境研究センター

簡単に言うと、生き物好きのための資格だね。

「2級以上(2級と1級)は就職に有利だよ~」みたいな感じです。

生物分類技能検定の難易度は?

f:id:uzurar:20180502000944p:plain

各級のレベル一覧 | 自然環境研究センター

 4級、3級は比較的簡単な試験です。試験勉強と対策をしっかり行えば初心者でも合格することが出来るよ!

2級以上になると、実際にそういった仕事をしている方や本気で目指している方でも合格が難しいレベルになります。

生物分類技能検定3級を合格するためにやった3つの勉強法

勉強法1.過去問を解く

合格率を上げたければ、過去問は必ず解くべきです。

理由は、この試験の範囲がべらぼうに広いからです。実際に過去問を解かないと、試験と全体像が分かりません。

過去問を解くメリット1.生物分類技能検定の問題傾向が分かる

「いったいどんな問題が出されるのか?」といった疑問を解消できるので、過去問は必ず解くべきです。

ちなみに、大まかですが大問の構成はこうなっております。

  1. 分類と形態に関する問題
  2. 生態に関する問題
  3. 生物の一般問題
  4. 実物を用いた問題(スケッチ)

過去問を解くメリット2.よく出される問題が分かる

「範囲が広い」とはいっても、同じ問題が出されることがあります。現に僕が受けた平成28年度の問題に、過去問で出てきた同じ問題が出ました。

これを知っていると知っていないとでは、わずかですが得点が変わります。

過去問を解くメリット3.現在の自分の力量が分かる

例年の生物分離技能検定3級の合格率は40%前後です。

「まぁ簡単だろ」と高をくくってあまり勉強せずに受けると試験に落ちます。現に100人受けて50人以上は落ちてしまっているのが現状です。

僕は、過去問を初めて解いた時100点中20点でした。ここで、その時の自分の実力を知りました。自信があるのであれば問題ないのですが、「自分の実力は?」と不安ならば、一度受けてみることをおススメします。

勉強法2.間違いノートを作る

過去問で間違えた問題及び知らなかった単語などをすべて調べてルーズリーフにまとめます。(これにメチャメチャ時間とられました…。)

いわば、自分専用の苦手分野辞書を作るのです。

実際に作ったものがこちらになります。後ほど、作り方をご説明します。

f:id:uzurar:20180402224335j:plain f:id:uzurar:20180402224337j:plain f:id:uzurar:20180403002228j:plain

五年分の過去問の間違いをまとめたら、ルーズリーフ100枚ほどになりました。

最終的には、6か月かけてのんびりじっくり作りました。平均で考えると1日30分~1時間ほどの時間を製作に費やしていました。

今考えると完全に自己満の世界ですが、結果的に合格したのでその要因の一つとして考えられます。実際に、何度も読み返して苦手部分を暗記するのにも役に立ちました。テスト前には会場にもっていって直前まで暗記するのにも重宝しました。

間違いノートの作り方は、後ほど説明いたします。

勉強法3.生き物の絵を描く(模写、スケッチ)

試験では実際に「実物を用いた問題」においてスケッチをさせられます。なので、生物の描きかたは理解しておきましょう。

それに実際、生物を描くことは【生き物を知る】という点において非常に重要であると考えます。手足が何本あるのか?から始まり、実際の羽の色は?葉の形は?大きさは?などを考えながら生物の体を捉えていくと、自然とその生物が記憶に残り、さらには理解しやすくなります。

僕の絵は特別上手なわけではありませんが、こうして書いていくうちに生物の理解も絵も上手になっていきました。

絵を描くのが嫌いな方は、実際に本物の生物を目にする機会を増やすと良いと思います。

リアルでもネットの動画でもなんでもいいので一つ一つ調べてみて下さい。過去問を解くだけでは分からないことが見えてきます。そして、記憶に残りやすくなります。

こちらが、実際に僕が描いた絵です。見たことも聞いてこともない生物に出会ったときによく描いてました。(絵を描いたおかげで、直接得点に結ぶ付いたか?と問われたらなんとも言えません。ただ、息抜きにはなったので勉強が続きました。)

【異物同名の生物たち】

f:id:uzurar:20180402224436j:plain f:id:uzurar:20180402224427j:plain

【ススキ、オギ、ヨシの見分け方】

f:id:uzurar:20180402224508j:plain

【初めて見る鳥】

f:id:uzurar:20180402224411j:plain f:id:uzurar:20180402224421j:plain

具体的な勉強法の流れ

基本的には

  1. 過去問を解く
  2. 分からない、間違える問題が出る
  3. 調べて、ノートにまとめる
  4. 後で見返す

この流れです。

時間の配分としては、

過去問を5年分解くのには5時間。

間違いノート作りに6ヶ月。

間違いノートを見返す、スケッチの練習に1ヶ月

※スケッチの練習は、間違いノート作りの時に挟んで行いました。

間違いノートの作り方

ノートの枠組みを作る(ルーズリーフ可)

  1. 間違えた問題文
  2. 問題の選択肢
  3. 生物の写真(紙にプリントしたものを切り取る)
  4. 分類を記す
  5. 特徴や生態を記す

の5項目を配分します。

f:id:uzurar:20180404010057p:plain

例えば、こんな問題が出たとします。

 問題:この中から昆虫でないものを選べ

1.バッタ 2.ダンゴムシ 3.チョウ 4.カナブン

答えは2のダンゴムシだよ。

下の図のように記そうね。f:id:uzurar:20180405091029p:plain

名前に”ムシ”とありますが分類学的にはダンゴムシは甲殻類なので、エビやカニの仲間です。

もし、他の3つの選択肢の生物について知らなかった場合ダンゴムシと同様に、分類と特徴をまとめましょう。

 こんな記事も読まれてます

www.gario01.com

間違いノートに貼る写真のプリント方法

商用利用ではないので、ネットの画像を利用させていただきました。

パソコンを使ってネットで画像を検索する

保存orスクショ

Wordという文章を書くアプリに保存した写真を張り付ける

f:id:uzurar:20180405092741j:plain

(Wordに張り付ける際、大きさを調節しないとノートに収まりません)

その張り付けた画面を印刷する

印刷した紙をハサミで切り取る

切り取った写真をノートにテープで張り付ける

 恐ろしく時間がかかる。

だから、時間がない方にはオススメできないのです。

まとめ

この勉強法を見て

「こんな非効率な勉強法あるか!!」と思う方もいるかもしれません。僕もめっちゃ非効率だと思います。

ただ、僕の場合は時間があった×コツコツ作業が好きという状況と性格だったので、上手くいきました。

もし、「どんな勉強をしたらいいか分からない」という方がいましたら、参考にしていただければ幸いです。

というか、僕に効率的な勉強法教えてください~(泣)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

受けた時の記事です

www.gario01.com