その他

野生動物の糞の解析方法。内容物解析

野生動物 フン

こんにちは、ガリオです。

先日、3匹のウンコたちに出会いました

なので今回は、拾ったウンコが

何の動物のフンなのか確かめてみようと思います。

 ウンコとの出会い

事はさかのぼること半月前、、、、、。

f:id:uzurar:20171231224121j:plain

僕「はぁ~。田んぼって落ち着くなぁ~。」

休日暇になると僕は田んぼへ行きます。特に何かするわけではありません。

出会いは突然に、、

f:id:uzurar:20171231225156j:plain

僕「お、この道いいなあ。歩くか」

僕「んっ!!!!!」

僕「ウンコ!!!」

男の本能的なものでしょうか。

いくつになってもウンコに出会ったときの興奮は変わりません。

40mはあるであろうこのあぜ道に転々とウンコが落ちていました。

映画「となりの〇トロ」に出てくる主人公メイがドングリを拾うシーンを想像してほしい。

今まさにそのシーンを再現しています。

f:id:uzurar:20171231225945j:plain

一つ目のウンコは、コロコロとした形状のせいかドングリと間違えて口に入れる寸前でした。近くで嗅いだら少し臭いましたね。

名前は「オリンピック」にしました。理由は見た目だけではありません。

始めて見たとき、僕の眼には奴が輝いて見えたからです

f:id:uzurar:20171231225956j:plain

二つ目のウンコは、どっしりと構えていました。小さいながらもその存在感はなかなかのものです。これも少し臭いました

そのため、名前は「親方」です。

f:id:uzurar:20171231230011j:plain

三つ目のウンコは、オーソドックスなタイプでした。比較的身近に感じるような安定した形のウンコですね。かなり時間がたっていたのか、臭いはあまりしませんでした。

  • 「学校で嫌われてはいないけど仲の良い親友もいない」
  • 「ドリンクバーで言うとカルピス。」

なので、名前は「公務員」にしました。

これら3匹を割り箸を使いジップロックに入れて

家に持ち帰りました。

注意

野生動物のフンには、ばい菌や寄生虫が含まれている可能性があるため

決して素手で触らないでください!!!!

ウンコを溶かそう!

f:id:uzurar:20171231233525j:plain

用意するものはこれだけです。

  • コップ(透明でもなくてもい)
  • 茶こし(重要!!!)
  • 割り箸

本格的な「内容物分析」になると専門の器具が必要ですが

趣味レベルであれば、この道具で十分です。

手順1.コップに水とウンコを入れる

f:id:uzurar:20171231234431j:plain

当時、作業を行おうとしたとき母親に

母「絶対家でやらないで!!!外でやって!!!」

と言われてしまい、極寒の中ウンコをろ過していたため

作業工程の写真がありません。なのでこのシーンだけ砂利で行います。

作業2.割り箸でよく混ぜて溶かす。茶こしに流す

f:id:uzurar:20171231234447j:plain

作業3.念入りに洗い流す

f:id:uzurar:20171231234451j:plain

作業4.固形物だけになったら皿に乗せる

f:id:uzurar:20171231234458j:plain

作業5.早く乾くように広げる

f:id:uzurar:20171231234504j:plain

上手く広げたら、子供の手の届かない場所において乾かしてください

乾くのに丸2日はかかります。

 注意

今回は砂利なので素手で行っていますが、必ずゴム手袋を着用して下さい。

また、使用した器具は必ずアルコール消毒を行って下さい。

内容物を観察してみよう!

f:id:uzurar:20180101000833j:plain

左上:「オリンピック」

左下:「親方」

右:「公務員」

順番に見ていきます

「オリンピック」の内容物

f:id:uzurar:20180101003153j:plain

全体的に見てイネ科の植物や種、ミミズの未消化部分のようなものが出てきました。

f:id:uzurar:20180101003158j:plain

これは、なんの植物でしょうか?

f:id:uzurar:20180101003210j:plain

わかめのような葉のかけらですね

「親方」の内容物

f:id:uzurar:20180101003130j:plain

ほとんど、イネ科植物でした。

f:id:uzurar:20180101003147j:plain

小動物の骨が出てきたので、肉食獣であることが分かります。

「公務員」の内容物

f:id:uzurar:20180101003226j:plain

これが一番バラエティーに富んでます。公務員っぽくないですね。

f:id:uzurar:20180101003231j:plain

確実に鳥の足です。

f:id:uzurar:20180101003236j:plain

骨をかみ砕いた痕跡が見られます。

f:id:uzurar:20180101003241j:plain

羽柄ですね。羽もろとも食べられています。

結果

「オリンピック」:少し臭う。内容物不明。コロコロした形

「親方」:少し臭う。イネ科植物と小動物の骨。やわらかい形

「公務員」:あまり臭わない。鳥の骨。細長い形

考察

大学の先輩に画像を送りアドバイスを頂きました。

先輩「う~ん、一番下はネコじゃない?上二つは分かりづらいけどキツネかな~?」

中型肉食獣のウンコ判別は難しいようです。

ウンコの形状と以上の結果より

「オリンピック」→キツネ?

「親方」→不明

公務員」→ネコ

であると考えました。しかし、自分の住んでいる地域の環境では近くに大きな山がない為キツネが生息している可能性は低いです。なので、おそらくイヌではないだろうかと思っています。また田んぼはイヌの散歩コースにもなっているため可能性は十分にあります。

タヌキがこの地域に生息しているという情報は知っていました。しかし選択肢からは消しました。タヌキは決まった場所に糞をする「ため糞」と呼ばれる習性があります。今回は「ため糞」が見られなかったためタヌキではないと判断しました。

 最後に

今回の内容物解析では、確証をもって野生動物を判別することは出来ませんでした。

僕の知識の浅さと経験不足によるものです。

しかし、この糞解析を通して野生動物たちの命のやり取りを肌で感じることが出来ました。皆さんもぜひ目を向けてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。