淡水魚類

【川のキス】と称される淡水魚「カマツカ」の食べ方・調理法・味

カマツカ 食べ方 味 調理

こんにちは、ガリオ(@gario01)です

今回の地球飯は、淡水魚の「カマツカ」です。

「カマツカ」とは、コイ科の淡水魚で、川底にいたり砂に潜っていることが多いため、あまり目にすることはありません。
「川のキス」と称されるほどに美味しいことが有名で、淡泊な白身が美味らしいのです。

そして今回…ようやく食べれる

今回「カマツカ」を手に入れたのは、大学の近くに流れる準用河川です。

卒業研究で使う「ドジョウ」を獲るために来たのですが、たまたま良型の「カマツカ」が獲れたので食べることにしました!

https://twitter.com/gario01/status/1082815206428790784

これがその時の動画です

ガサガサ(タモ網を使った漁法)で獲れたのは以下の通りです。(今回食べるのはカマツカと良型のオイカワだけ)

  • 良型のカマツカ(10㎝~13㎝)×3
  • ニゴイ×3
  • オイカワ×5
  • カワムツ×5
  • フナ×1
肝心のドジョウは獲れませんでした…。とほほ

淡水魚の生食(刺身)は危険だから極力控えよう

先に断っておくと、淡水魚の生食はおススメしません。
というのも、海水魚に比べて淡水魚には人体に有害な寄生虫がいる可能性が高いからです。

文献を調べて、カマツカに寄生する寄生虫の情報が出てこなかったとしても、「まだ発見されていない」だけの可能性もあるため、あまりおススメはしません。

どうしても刺身で食べたい方は、「冷凍」したほうが良いと思います。
最近有名な「アニサキス」は、-20℃で24時間以上冷凍すれば予防できることが知られています(厚生労働省のHPより)

そのため、カマツカも同じように冷凍すれば、寄生虫の可能性を減らすことが出来ると思います。
※もし、冷凍で刺身にする際は自己責任でお願いします。

使用した調理器具「小型ナイフ・まな板」

小魚をさばくときは、こういった小型ナイフが便利です。
ちゃんと洗わないとすぐ錆びますけどね。

今回使用したフォールディングナイフ

調理器具バッグのレビュー記事はこちら!

https://gario01.com/houtyou-manaita-tyourikigubaggu/

カマツカをさばいてみよう!

このカマツカは13㎝ほどですが、最大で20㎝ほどになる(ソース元:淡水魚図鑑)みたいなので、まだまだ大きくなります!

頭を落として内臓をキレイに取り除く

もし生きている状態から調理をする際は、まず初めに脊椎を切断するなり頭を落とすなりして絶命させてください。

次に、腹を開いて指で内臓を押し出してください。

水を入れたボールの中で洗うと綺麗に取れる

手についたウロコや腹の中の血合いなどを落とすために、水を入れたボールの中で洗うと綺麗になります。

ウロコを剥がして3枚におろす

結構雑ですけど3枚におろすとこんな感じです。

魚のさばき方に関しては、この書籍がおススメです

まな板の下に新聞紙→生ごみを捨てやすい

魚などの生臭い食材を調理するときは、まな板の下に新聞紙を敷いておくと、色々便利です。

  • また板を広く使える
  • ナイフについたウロコを拭ける
  • 新聞紙にくるめて捨てることで、三角コーナーが臭くならない

カマツカ×3、オイカワ×1

皿の上の方にあるのが「オイカワ」という淡水魚です。
こちらの比較的臭みがないので美味しい食材!

熱した油で軽く揚げる

今回はホットプレートに油を垂らして、素揚げのような形で調理しました。
身が薄くすぐに焦げるので気を付けてください。

カマツカ=キスはマジで本当だった

さばいてる時から

キレイな白身だなぁ~

とは思っていましたが、まさかここまでキスの味がするとは…

  • 臭みが一切ない
  • 身が柔らかくホロホロしている

以上の2点がキスと完全に一致していました。

 

今まで、いろんなコイ科の淡水魚(カワムツ、オイカワ、フナ、ゲンゴロウブナ、モツゴ、アブラハヤ)を食べてきましたが、どの魚もやっぱり少し川臭さが取れません。

順位付けをするとすれば

オイカワ>>カワムツ=アブラハヤ>>フナ=ゲンゴロウブナ>モツゴ

こんな感じです。

カマツカは、「本当にコイ科か?」と思うほどに美味な魚でした。新たに順位付けをするとすればこんな感じです。

カマツカ>>>>>オイカワ>>カワムツ=アブラハヤ>>フナ=ゲンゴロウブナ>モツゴ

もうね、圧倒的王者です。カマツカ。

一緒に食べた研究室のみんなも口を揃えて「美味い!全然臭くない!」と言っていました。(ただ一人教授を除いて…)

僕が所属するゼミの教授は、川の臭いに敏感なので判定が非常に厳しいです。
これまでも色々なものを食べていただきましたが、ことごとく「ちょっと臭う」と言われてしまい完敗してきました。

カマツカならイケるだろ!と高をくくっていましたが今回もダメでしたね…。

卒業まで残り1年間。僕は教授の舌をうならせることが出来るのか…?

次回!教授の口からあの言葉!?絶品の淡水魚現る!?!?

なんてことを言ってみたりして。

終わり!!

そんじゃさいなら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です